1億円の運用はリスクの少ないものから始めましょう

海外と国内FXの違い

だるまとお金

海外FXは、海外に本社を持つFXサービスを提供している会社になります。海外FXは近年注目を浴びていますが、その理由として挙げられるのが、レバレッジの規制です。国内のFX業者ではこのレバレッジ規制によって制限が決まっています。しかし、海外の場合は、レバレッジの規制がないため、自分の好きなレバレッジで取引が可能となっているのです。レバレッジとは、預けた金額に対して、取引することでてきるお金の倍率を上げることを意味しています。このレバレッジを多くすることで、収益を上げることができます。その結果最近では海外に口座を作る方が増えているのです。また、海外FXの口座を作る際にはすべてインターネットで行うことができるので簡単に口座を作ることができます。そして、口座を作ることができるとすぐにトレードを開始することができます。しかし、国内のFXの場合は、書類でIDやパスワードが送付されるので、トレードを始めるのに時間がかかってしまうのです。その他にも海外FXと国内FXで違いがあります。国内のFX業者のほとんどはDD取引といった店頭取引を採用しています。しかし、店頭で行われることで、実際の取引を注文通りに行うことができないのです。しかし、海外FXの場合はNDD取引で、仲介が介在しない取引が採用されています。そのため、自分の注文通りにトレードを行うことができるのです。国内FXの場合は、トレーダーが儲かるほど損してしまい、トレーダーが損するほど儲かるという仕組みになっているのです。だから海外FXを使用することで、自分の好きなタイミングで取引を行うことができるのです。もし、興味があるのであれば、取引を始めてみましょう。